仕事と子育ての両立は難しいが頑張りは伝わる

親子で看護師という職業を通して思う事

私の母親は看護師です。小さい頃は祖母も一緒に住んでおり、母親の仕事柄、家庭内の事はほぼ祖母がやってくれていました。

夜勤もしていたので、夜もいない日が多くすれ違いの生活の日が続くと母は交換日記をおいてくれていて、母とそのノートで日々のやり取りをするのが日課になっていました。

保育園の送り迎えや学校の参観日なども母が来てくれた事は少なく、私の記憶の中では祖母との思い出の方が鮮明に出てきます。

小さい頃はそんな生活にも大して違和感を感じる事も少なかったのですが、小学校の高学年くらいになると、参観日などに母ではなく祖母が来る事が何故か恥ずかしく思い、ものすごくいやだった時期もありました。

しかし、そんな私も小学校の卒業文集では将来なりたい職業を看護師にしてました。

そして、中学生の時、高校の進路を決める時には看護師という職業になりたいという思いが現実的になり、衛生看護科を選択しました。

子供ながらに寂しい思いもしましたが自分が看護師という母親と同じ職業をいつしか選んでおり、看護の勉強をする中で、母親の仕事の大変さや重要さ、そして、母にたいしての尊敬の気持ちも出てきました。

そして私も母と同じように看護師となり、結婚し、母親となり、仕事と家庭の両立に苦しむ時もありますが、仕事に対する責任感ややりがいも感じます。

周りの助けをかりながらですが、私も看護師の仕事はやはり続けていきたいと思っているので、子供達には寂しい思いをさせる時もありますが、いつかあの頃の私のようにこの頑張る姿が子供達に伝わる時が来ることを願っています。

我が家は下の子が女の子なのですが、すでに医療の道に進みたいと口にしてくれているので、まだまだ先はわかりませんが、その気持ちが私はとてもうれしく、仕事の活力にもなっています。

看護師の仕事は子育てしながらだとなかなか難しいところもありますが、子供達には母の頑張りは伝わるので、看護師のママさん達、共に頑張っていきましょうね。

↑ PAGE TOP