看護師の仕事はタフじゃないと務まらない?

見えない看護師の仕事

いつも笑顔で丁寧な看護をしてくれる、看護師さんに対してそんなイメージがあるのですがいかがでしょう。 看護師さんは見えないところで、実は多忙な業務をこなしているのですよ。

たとえば開業医などでは受付から医師の診察補助。検査業務、注射や点滴などの医師の元での医療行為。それだけではなく、事務的な雑務。総合病院などでは、それぞれ専門的にこなす方がいらっしゃるのですが、小さな病院では看護師さんたちが細かな仕事までほとんどを担っています。

また小さな病院では、専門的な科に振り分けることなくさまざまな疾患の方が来院されます。看護師さんは知識を持って観察と対応をしなければなりません。

さて、看護師さんの業務は大まかにわけて2種類あります。 ひとつは「外周り」といわれるもので、検査や処置などを行います。たとえば火傷で来院された方が医師の診察を終えると、軟膏を塗ってケアをしたりします。診断のための血液採取や、体重測定、脈拍も測定してくれます。

もうひとつは「部屋持ち」と呼ばれます。夜勤をされた看護師さんから日勤の看護師さんへ患者さんの状態の引き継ぎです。

入院患者さんに対しては24時間体制で看護が求められます。その時にひとりでは対応するのではなく、複数人で看護チームを作ります。どのような看護方式をとるかは病院によって違いますが、現在は固定観念にとらわれることなくいろいろな方式から良いところを選んで柔軟に対応しているようです。

看護師さんは忙しいです。身体の負担はもちろん、命を預かっていることへの精神的な負担もあり、体調を悪くする場合もあります。それでも看護師さんたちは自分の仕事に誇りと自信を持ち、なおかつ患者さんに対してきめ細やかなケアをしてくれます。

病院に行って不安をあまり感じないのは、看護師さんの気配りがあるからではないでしょうか。 このように、看護師さんは患者さんの処置をするだけではなく、精神的な支えにもなっているのです。

↑ PAGE TOP