看護師さんの気になるお給料とは?

看護師のお給料の中身

 正直、看護師たちはいくらぐらいもらっているのでしょうか。  一般的に激務ですから、それ相応のお給料なのでは? とちょっと気になりますよね。

 当然勤務先や雇用形態によって違いますが、手当の種類が充実していますので一般的に考えて高めだと思われます。 その中で資格手当と言うものがあります。

正看護師に付与されるもので、これは准看護師と差別化するための手当と言えるでしょう。これは万単位で変わってきますし、年収にすると大きな差になります。

 病院によってはバックアップを期待できますので、できれば准看護師として働きながらでも正看護師をめざす方が良いでしょう。

 次に夜勤手当ですが、高額なところでは一回に3万ほど支給されるところもあるようですが、高額な手当の分だけ勤務内容は厳しいと覚悟した方がよいでしょう。  それでも夜勤勤務を掛け持ちする看護師さんもいるようです。

 その他の手当として、専門のスキル手当や危険手当などがあります。  こうした中で、子供がいる看護師には保育手当も出る病院があることも。

 子育てにはなにかとお金がかかります。自身の未来のためにも資格をとって、給与を増やすことも必要ですが、お母さんの本音としてはもっと子供と過ごす時間が欲しいと思っているのかもしれません。  では今度は資格手当ではなく、お給料の高い病院はどこなのでしょう。

 まず挙げられるのは精神科病院。  なかなか人材が集まらなかったりしますが、危険手当が基本的に入っているのでお給料は高いようです。一般的な病院での勤務と違い、あわただしい雰囲気はなく、休みも多いようです。

 次に挙げられるのは有料老人ホーム系での勤務。こちらも基本給が高めな様子ですが、看護師の割合が少ないようなので、そのことが負担になる場合もあるかもしれません。  その他にも美容整形外科系や専門的な透析関係のお仕事があります。

 いずれも高額なお給料には、求められるものも相応にありますので簡単に考えてはいけません。  お給料優先で考えても構いませんが、やはり相応の努力と責任、負担はつきものです。自分にあった病院勤務を見極めなければいけないでしょう。

↑ PAGE TOP